上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
ふたりのLuLu

大きな木の下にいると
まるでりんごの妖精みたい。

真っ赤な頬が愛くるしい。

スポンサーサイト
ふたりのLuLu

年に一度
同じ友人と銀杏並木を歩く。

メインストリートから
少し外れたここは
人もまばらで
ちょうどいい撮影スポット。


「時の経つのは早いね」
「うん、本当ね」

・・・もうすぐ冬がはじめるね。


ふたりのLuLu

出かける前に
窓の外を眺める。

太陽は出てる?

それとも雨?

今日は昨日より寒いかな?

ふたりのLuLu

すっかり秋めいてきました。

ほんのり色付いた木々を撮りたくて
ちょこっと出かけてきました。

どの子を連れてゆこうかな。
あの子?この子?
うーん。なんだかしっくりこない。


悩んでいるとき思い出したのがこの子。
いたいた、ぴったりな子が。

ほうら。
やっぱりこの子は秋の似合う子です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。